MERZ

メニュー

リクナビ薬剤師に対するクレーム・苦情を解消するための方法を解説!

リクナビ薬剤師は、利用すべき薬剤師転職サイトの1つです。

だけど、リクナビ薬剤師がすべての女性薬剤師に100%満足できるサービスを提供できるかと問われると、答えに詰まってしまいます。

これは当然と言えば当然ですね。

なぜなら、リクナビ薬剤師利用者のすべての人を100%満足させることができたらクレームや苦情なんてありませんし『利用者満足度100%』といったように堂々とサイトで宣言できるわけで。

苦情はどこの会社でも避けては通れません。

今回は実際にあったリクナビ薬剤師へのクレーム・苦情をもとに、リクナビ薬剤師とうまく付き合って転職を成功させる効果的な対策を説明したいと思います。

薬剤師におすすめの転職サイト(無料)リクナビ薬剤師

なぜ?リクナビ薬剤師へのクレーム・苦情にまつわる背景

リクナビ薬剤師へのクレームや苦情は次のようなものがあります。

  • 担当のキャリアアドバイザーが、求人先の面接日を間違えてしまった。後日あらためて日程調整してもらったが、変な雰囲気のまま面接が終わり、結果内定はもらえなかった。1番行きたい職場だったので残念。
  • 電話の量が多かった。親身になって職場を紹介してもらうのはうれしいですが、少々しつこさを感じてしまって。強引なところをもうちょっと修正して欲しかった。

こういったリクナビ薬剤師へのクレーム・苦情には、リクルートの特色が出ていることが原因の1つとして挙げられます。

決まった期限で目標数値を達成することは、どこの会社でも同じかもしれません。

ただ目標を達成しないと【未達】のレッテルが貼られるので、月末になると目標達成に向けてなおさら必死になってしまう傾向があるようです。

これによって必死になり過ぎた疲労で面接日を間違えてしまったり、少々強引な求人紹介をしてしまうことがたまにあるみたいですね。

苦情の根本をたどると、キャリアアドバイザーとの相性がポイントになるんです。

では、うっかりミスをしなくて、しかも強引な求人紹介をしないキャリアアドバイザーを選ぶにはどうしたら良いのでしょうか?

リクナビ薬剤師へのクレーム・苦情を解消するためには

基本的にリクナビ薬剤師は、満足のいくサービスを提供してくれます。

そうでないと、リクナビ薬剤師の満足度が93%以上になるわけがありませんから。

しかし、担当してくれるキャリアアドバイザーとの相性が良いかどうか、これは接してみないとわかりません。

はっきり言います。

担当のキャリアアドバイザーと合わないなと思ったら、キャリアアドバイザーを替えてください。

リクナビ薬剤師にキャリアアドバイザーの交代をお願いすれば良いわけです。

リクナビ薬剤師は緊急時の苦情への対処法も整備されているので、あなたのお願いを聞いてくれますよ。

あなたの大事な転職なのですから、遠慮なんて無用です。

また、リクナビ薬剤師に登録する際に「その他希望条件(任意)」という欄があるので、この欄に【例:キャリアアドバイザーは女性で、あまりグイグイ勧めてこない方を希望したいです。】といったように書くのも対策の1つですね。

リクナビ薬剤師への苦情はありますが、それ以上に満足されている薬剤師さんが大多数です。

簡単にできる事前の対策や、問題が起こってからの対処法を知っておくだけでより安心して実りある転職活動ができると思いますよ。

リクナビ薬剤師 公式サイト

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE